2020年01月01日

ハーレーダビットソンの歴史

日本では1912年に日本陸軍が初めて輸入を行ない、後にサイドカーを中心として軍用車両として用いられた。一時期は国内で「陸王」の名でライセンス生産・販売されたこともあったが、製造メーカーが倒産した後は再び代理店による輸入販売のみとなり、現在は 1989年に日本法人のハーレーダビッドソンジャパン(株)が設立され正規販売を行なっている。

同社の設立以降個人平行輸入が激減し大規模販売ルートを確立させた。 各地に正規販売店、レターショップ(販売網)を置きフランチャイズ契約を行う。 それらのショップにはHOG(Harley Owners Group)Chapterを置き、ツーリングや地域活動に貢献している。

なお国内でライセンス生産されていたハーレーダビッドソン車両については、陸王の項目に詳しい。

日本の有名人では岩城滉一、所ジョージ、高田純次、稲垣武利、稲葉浩志(B'z)、角野秀行(TUBE)、伴都美子(元Do As Infinity)、橋下徹、小里貞利、西村真悟らがハーレーの愛好家として知られている。


References from Wikipedia





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。